スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOKYO JAZZ 13th

私のような音楽ファンでアマチュアミュージシャンの身にとって、プロのミュージシャン達の批評が自由に出来ることはある種特権だと思います。プロミュージシャンの方々にとって同業者に対するコメントはご法度ですからね・・・
さて、遅くなりましたが先日NHK-BSで放送されていました「東京JAZZ13th」の感想をば♪
(敬称略)
ハービーハンコック
70歳を越えても若々しいお姿。演奏はヴィニーカリウタとジェームスジーナスの鉄壁リズムセクションの上で往年のファンク曲を披露。ショルダーキーボードでのソロはギタリストとしてはベンディングの音の箇所が気になる。
ギターではソコの音はベンド(チョーキング)しないっと思わず突っ込み。
高中正義
国内のトップサポートミュージシャンをバックに、これ又往年のヒット曲がオンエア。
ファンの人には申し訳ないが、この人は型に力が入ってる様でソロのピッチが上ずっていて聴き辛い。
音色としては初期の頃のストラト+コンプの方が断然好き。
上原ひとみトリオ
今や世界最強のジャズピアノトリオ。しかしながらひょっとしたらサイモンフィリップスが上原・アンソニージャクソンの二人の音楽性についていけてない感も受けた。
アーマッドジャマル
今回最高に楽しめた演奏のひとつが彼ら。最高×5☆
ベビーフェイス
ちょっと中年太りの姿と名前(童顔)とのギャップに微笑んでしまったが、ショーマンシップ溢れる演奏は流石。
上原ひとみ&ミッシェルカミノ
凄いのでしょうが、こうなると聴いていて疲れる。
クラシックピアニストの方に彼らの評価を一度聞いてみたい。
チャカカーン
随分スリムになってましたね。好不調の差が激しい彼女ですが今回は音程も良くシャウトも気持ちよかった。
昔バンドでカヴァーしていた曲もやってくれて思わずギターを引っ張りだしてきて一緒に演奏してしまった♪
マイクスターン・ランディーブレッカー
マイクスターン、本当に音楽性とファッションが変わらない御大。疾走感溢れるソロは泉の如く次々と湧き出てくるのだが水質はぜんぶ一緒。
ランディーブレッカー→くまのぷーさん
小曽根 真
日本が誇る今や世界のJAZZの至宝。
上記のマイクスターンバンドではご機嫌なハモンドオルガンのソロを熱演。
リズムのアプローチもスリリングで起承転結が完璧。
主役の二人以上に感動した♪
カルテットレジェンド
ベニーゴルソン、ケニーバロン、やっぱり良いなあ♪
クリスチャンマクブライドビッグバンド
ペットのチェイスに心ワクワク。バリサクソロにOH Yeah!
スキンヘッド率高し。
小曽根真 ノーネイムホーシズ
方や、日本のトップクラスのホーンサックス奏者を集めたビッグバンド。
各人のソロも申し分なし♪マクブライドのバンドとの対抗演奏だったが、お互いの演奏のソロの際、聴き入っている姿を見て、やっぱりジャズマンは素敵だなと思った♪

3夜の放送、良いお酒のお供になりました。
全てのミュージシャン達に乾杯♪

スポンサーサイト

三種の神器?

ちょっと例えは間違っていますが。。。。。

田舎暮らしの者にとっては、何かと都会人達にはうらやましい事が多いです。

観たいアーティストのコンサートに中々行けないし、観られる映画の選択肢も限られてるし、デートするおしゃれなレストランも少ないし(笑)

でもこれだけは、田舎で良かったと思うことがあります。

目下、秋の収穫の季節。


自分で(家族で)目の前にある田んぼ、畑で育てたお米や野菜、果物を戴く。

鮮度は勿論、出来るまでの場所・過程が明確である事の安心感。

毎年出来き具合の違いは当然ありますが、自分が苦労しただけに食物への感謝の気持ちは自然に湧き上がります。

自然の恵みに感謝♪

生きていることへの感謝♪
DSCF1189.jpg

Are you ready?

毎年9月の最初の週末は稲刈りの開始と決まってるのですが、今年の多雨の天候不順で大変困っています。。。
140907_163122.jpg
まあ、自然には逆らえませんのでここは気分を入れ替えて息子の文化祭バンドの練習に付き合うことにしました。

で、なんと土曜日には全員女の子の友達バンドも我が家で練習の申し出。

可愛い6人の女の子がやってきました。
DSCF0953.jpg

選曲はそれらしい可愛いものばかり、演奏力も中々です。

ギターの子にはちょっとアドバイスもさせてもらいました。

日曜は息子の仲良し4人組。
140907_141406.jpg

斉藤和義やGREENDAY、岡本ズなんかのカバーを楽しくやってます。

やっぱり高校生バンドは良いなあ~♪

遙か昔の自分の思い出も蘇りました。

盆 to be wild♪

by ステッペン ウルフです。
さて、長いお盆休みもあと2日。天候はあいにくの日が多かったですが色んな所用をこなしてあっという間に終えようとしています。
今年は濃い親戚で2件初盆がありましたので、例年より忙しい日々でした。
特に義兄宅では、ほとんど親戚の方々はお酒を呑みません(呑めません)ので、会席の時は「ほぼ私一人で」状態。
料理の前にスーパードライの瓶を3本程並べられ、コップ半分位空けると近くの方が気を遣って、すぐ注いでくれるの繰り返し・・・・
なんか「わんこそば」みたいでした(笑)

よく呑めない人が宴会に行って肩身の狭い思いをされるのを、話として聞きますがその逆もあるんですね・・・

又、JAXSAに出向している甥っ子とも久し振りに会い「仕事はどうや?」なんて話してたらちょっと面白いエピソードを聞きました。
先日NASAから数名が出張に来たそうで、そういう時は接待で「カラオケ」に連れて行くそうです。(彼らが希望するそうです)
「へぇ~、流石日本のカラオケ!で、どんな曲彼ら(彼女ら)は歌うの?」と尋ねたら
「エアロスミス、キッスetc」との回答。
アメリカ人のナツメロ感覚はそんならしいです。
携帯の画像を見せてもらったら、賢そうな白人と黒人の2人の女性がシャウトしてました♪

ストラトブック

フェンダーのストラトキャスターが作られて60年を記念していくつかムック本が出されてます。
リットー社系の本は既に持っていましたので、PLAYER誌のそれを購入しました。
ちょっと高かったけど付属のDVDでは54年製~71年製までコンディションの良い其々の各ピックアップポジションごとの
音色が楽しめます。

流石に50年代のメイプルネック物は音の芯がくっきりしていて、本当に良い音♪
一方、60年代からのローズ指板タイプは音に丸みが出て上品なトーン。
どんなジャンルにも通用するオールマイティーな印象♪

暫くは寝る前の晩酌の良いアテになりそうです。

ところで私の所有する64年製からピックガードのねじ位置が一箇所変更になったとの事。
今まで全然知らなかった!
DSCF0852.jpg
プロフィール

Author:Sho-Bud
こよなく音楽を愛するギター弾き♪
愛器は’64年製のストラトキャスターとギブソンES335
好きなギタリストはバジィフェイトン・ロベンフォード・スコットヘンダーソンetc
赤瀬川源平翁の薫陶を受けトマソン物件を探す日々。
【最近感銘を受けた言葉】
大切なことは常識に従う
世間のことは流行に従う
芸術のことは自分に従う
(小津安二郎)・・・だったかな?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。