スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOKYO JAZZ 13th

私のような音楽ファンでアマチュアミュージシャンの身にとって、プロのミュージシャン達の批評が自由に出来ることはある種特権だと思います。プロミュージシャンの方々にとって同業者に対するコメントはご法度ですからね・・・
さて、遅くなりましたが先日NHK-BSで放送されていました「東京JAZZ13th」の感想をば♪
(敬称略)
ハービーハンコック
70歳を越えても若々しいお姿。演奏はヴィニーカリウタとジェームスジーナスの鉄壁リズムセクションの上で往年のファンク曲を披露。ショルダーキーボードでのソロはギタリストとしてはベンディングの音の箇所が気になる。
ギターではソコの音はベンド(チョーキング)しないっと思わず突っ込み。
高中正義
国内のトップサポートミュージシャンをバックに、これ又往年のヒット曲がオンエア。
ファンの人には申し訳ないが、この人は型に力が入ってる様でソロのピッチが上ずっていて聴き辛い。
音色としては初期の頃のストラト+コンプの方が断然好き。
上原ひとみトリオ
今や世界最強のジャズピアノトリオ。しかしながらひょっとしたらサイモンフィリップスが上原・アンソニージャクソンの二人の音楽性についていけてない感も受けた。
アーマッドジャマル
今回最高に楽しめた演奏のひとつが彼ら。最高×5☆
ベビーフェイス
ちょっと中年太りの姿と名前(童顔)とのギャップに微笑んでしまったが、ショーマンシップ溢れる演奏は流石。
上原ひとみ&ミッシェルカミノ
凄いのでしょうが、こうなると聴いていて疲れる。
クラシックピアニストの方に彼らの評価を一度聞いてみたい。
チャカカーン
随分スリムになってましたね。好不調の差が激しい彼女ですが今回は音程も良くシャウトも気持ちよかった。
昔バンドでカヴァーしていた曲もやってくれて思わずギターを引っ張りだしてきて一緒に演奏してしまった♪
マイクスターン・ランディーブレッカー
マイクスターン、本当に音楽性とファッションが変わらない御大。疾走感溢れるソロは泉の如く次々と湧き出てくるのだが水質はぜんぶ一緒。
ランディーブレッカー→くまのぷーさん
小曽根 真
日本が誇る今や世界のJAZZの至宝。
上記のマイクスターンバンドではご機嫌なハモンドオルガンのソロを熱演。
リズムのアプローチもスリリングで起承転結が完璧。
主役の二人以上に感動した♪
カルテットレジェンド
ベニーゴルソン、ケニーバロン、やっぱり良いなあ♪
クリスチャンマクブライドビッグバンド
ペットのチェイスに心ワクワク。バリサクソロにOH Yeah!
スキンヘッド率高し。
小曽根真 ノーネイムホーシズ
方や、日本のトップクラスのホーンサックス奏者を集めたビッグバンド。
各人のソロも申し分なし♪マクブライドのバンドとの対抗演奏だったが、お互いの演奏のソロの際、聴き入っている姿を見て、やっぱりジャズマンは素敵だなと思った♪

3夜の放送、良いお酒のお供になりました。
全てのミュージシャン達に乾杯♪

スポンサーサイト

盆 to be wild♪

by ステッペン ウルフです。
さて、長いお盆休みもあと2日。天候はあいにくの日が多かったですが色んな所用をこなしてあっという間に終えようとしています。
今年は濃い親戚で2件初盆がありましたので、例年より忙しい日々でした。
特に義兄宅では、ほとんど親戚の方々はお酒を呑みません(呑めません)ので、会席の時は「ほぼ私一人で」状態。
料理の前にスーパードライの瓶を3本程並べられ、コップ半分位空けると近くの方が気を遣って、すぐ注いでくれるの繰り返し・・・・
なんか「わんこそば」みたいでした(笑)

よく呑めない人が宴会に行って肩身の狭い思いをされるのを、話として聞きますがその逆もあるんですね・・・

又、JAXSAに出向している甥っ子とも久し振りに会い「仕事はどうや?」なんて話してたらちょっと面白いエピソードを聞きました。
先日NASAから数名が出張に来たそうで、そういう時は接待で「カラオケ」に連れて行くそうです。(彼らが希望するそうです)
「へぇ~、流石日本のカラオケ!で、どんな曲彼ら(彼女ら)は歌うの?」と尋ねたら
「エアロスミス、キッスetc」との回答。
アメリカ人のナツメロ感覚はそんならしいです。
携帯の画像を見せてもらったら、賢そうな白人と黒人の2人の女性がシャウトしてました♪

ぎぶそん

息子の帰宅の駅までの迎えで、電車の着くまでの待ち時間に家内は本を読んでいるとの事。

彼女は結構読書家。

で、たまに私が行く事もあるのですが伊藤たかみ氏の「ぎぶそん」が置いてあったのでパラパラと読んでみました。

DSCF0498.jpg

これは息子が国語の授業で読書感想文の提出用に買ったもの。

ストーリーは音楽・ギターに明け暮れる若者達の青春物語なのかな?

すみません、最初しか読んでないんで、違ってたらごめんなさい。

で、何が言いたかったというと文中に出てくるギターのテクニックの部分で「ピッキングハーモニックス」の説明が

間違っていた事!校正時になんでチェックしてないのかな?なんで?



ま、それは良しとしまして、娘のうさぎの雛飾りを出しました。

DSCF0501.jpg

それに合せてリビングLPギャラリーも模様替え。

DSCF0502.jpg
ERIC GALEの「MULTIPLICATION」

部屋中、兎だらけ♪




Wellcome Mr WestHill

先日、息子の野外イベントでご一緒した同級生のお父さん。

色々お話してると大学時代ジャズ研でピアノを弾いておらてた事が判りました。

久しくバンド形態でやっておられないらしく、それじゃprsadで一度ご一緒いたしましょうか?

と言う運びとなりました。

そして、早速9日に実現。

20年のブランクを感じさせないご機嫌な演奏♪

24→25

パットメセニーの代表作に「80→81」というのがありました。

さて、この一年の音楽活動を振り返ってみます。

①ウイーンの歌姫・村田知嘉子嬢のサポートでコンサート
なんと1月と12月の2回も行う事が出来ました。
それぞれバックバンドの形態は異なり、違う持ち味を出せたと思います。
それにしても本番の彼女の集中力は凄かったです。
流石、元劇団四季♪

②OldNewCafeでのフリーライブ
なんと皆勤で参加させてもらいました。
ロック・フォーク・クラシック・ジャズとあんでもありの中、常連さん・初参加の方々と
楽しく演奏させてもらって感謝してます。

③ロカス☆ロコス
私の唯一の参加レギュラーバンドのライブが11月に京都でありました。
いつも1~2回のリハだけで本番を迎えるのですが、ベテランのメンバー達に助けられ気持ちよく
ギターを弾かせてもらいました。みんな、ありがとう。

④yAyの2ndCDに参加
実は、それまで二人とはそんなに話しをする機会がなくて、臨んでいる音楽スタイルも
掴めなくいました。でも、レコーディングが進むに連れ、二人の人となりや音楽性が理解されてきて
私の感じたギタープレイを差し上げたと思います。
今、聞き返せばもう少し違ったアプローチでも良かったかなと思うところもありますが、レコーディングとは
その場の雰囲気を閉じ込める事がまず一番ですので、それはそれで良しとしましょう。
彼らはこの録音で松井里衣嬢という素晴らしいベーシストと縁が出来ました。
彼女を通じて、更に色んなミュージシャンとの交流が出来ているようです。
更なる飛躍を大いに楽しみにしています。

⑤s.yairiのフォークギターを購入
音楽の神様の、導きにより私の手元に来てくれました(笑)
本家のマーチンD28にも負けていないサウンドです。
ちょっと不幸な生い立ちの子でしたから、この先は私がしっかりと面倒を見てあげなくてはね。

皆様、本当にこの1年お世話になりありがとうございました。

どうぞ良い年をお迎え下さい♪

10458_412785995452853_595456789_n.jpg


プロフィール

Sho-Bud

Author:Sho-Bud
こよなく音楽を愛するギター弾き♪
愛器は’64年製のストラトキャスターとギブソンES335
好きなギタリストはバジィフェイトン・ロベンフォード・スコットヘンダーソンetc
赤瀬川源平翁の薫陶を受けトマソン物件を探す日々。
【最近感銘を受けた言葉】
大切なことは常識に従う
世間のことは流行に従う
芸術のことは自分に従う
(小津安二郎)・・・だったかな?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。