スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今も現役

私の部屋にはエアコンがありません。

で、夏に活躍してくれるのがコイツ。

25年前、バンドのリハの帰りスタジオの近くの八百屋さんの前に「ごみ」として出されてたのを、「おっ!」と拾って帰ってきてきたものです。

昭和30年代製でしょうか?ちゃんと動きます。デザインも良い♪

DSCF2765.jpg
スポンサーサイト

そして神戸

久し振りに神戸の「モザイク」へ行った。

昼食は有馬温泉の「兵衛向陽閣」。(おそらく何名もの関西人がコーマーシャルソングを口ずさんだと思う)

山生まれ、山育ちの私には潮の香りはちょっとした高揚感をもたらす。

この海の向こうに、行った事のない異国があるという未知への憧れかな(ベタですが・・・)

DSCF2764.jpg

あじさいロード

先日、新聞にカラーで紹介されていた。

景色を見ると、う~ん?うちの近所?

友人の「ゆう」からも「K君の近所?」と問い合わせがあった。

確認してこよう。

DSCF2745.jpg

Pick Hits

41D60JARHVL__SL160_AA115_.jpg


横浜に住む音楽仲間から嬉しいCDのプレゼントが届いた。

ジョン・スコの名ライブのコンプリート盤。

これは怪物ドラマー・デニスチェンバースの本邦初お披露目としても人気のアルバム。

早速聴いたが熱い!熱い!

ロック以上にロックしてるしファンク以上にファンクしてる。

正に怒涛のライブ。

実はこのメンバーでの来日以前に、京都のRAGでジョン・スコバンドを観ている。(まだRAGが北山にあった時代)

店内一杯でも30名くらいのスペースだったが、目の当たりにした彼の鬼気迫るギタープレイは忘れられない。

ジャズの未来を感じさせてくれた。

つぶれたっ!

明日、仕事で出張なので着ていくスーツにアイロンをかけようとしたら、

・・・・熱くならない、スチームが出ない・・・・・

ガ~ン!!壊れてるぅ。。。。

家人に聞くと昼間使ったときは大丈夫だったとのこと。

まだ買って3年も経ってないのに(泣)

アイロン掛けが趣味の私はどうしたら良いのん?

DSCF1241.jpg

セラミクス2

”ゆう”の書き込みでご指摘がございましたので、改めてメンバーをご紹介します。

DSCF2739.jpg

右からドラムのHERVEY石腹・ヴォーカルの”ゆう”(ヨガの大先生)キーボードの”なぎ”(やさしいおかあちゃん)そしてベースのマーカスミラーフリークの堀尾君です。

本当はもう一人メロディーメーカーのギタリスト村松”渡辺”が居るのですが、遠距離の為残念ながら不参加。
リハの後、スタジオのすぐ近くの居酒屋で反省会という名の呑み会♪

昔話とバカ話で大盛り上がり!

次のリハの日&呑み会の予定を決めて皆満足して帰路につきました。

どっちが本命かな?(笑)

セラミクス

というバンドを昔やっていまして、今日なんと20ウン年振りにスタジオで音合わせをしました。

当時のオリジナルとカバーなど数曲をしたのですが、コードとちる、とちる。(爆)

頭では判ってても、指先に出てこない・・・(自分で考えたリフすら忘却、ぎゃふん)

でも、いくつになっても永遠の音楽仲間♪

そんなこと関係なく一緒に演奏するだけでHAPPY!!

女性陣も相変わらずお綺麗でした~♪(ちょっとヨイショ)

DSCF2744.jpg


お気に入り♪

と言っても音楽ではありません。

家人の実家に行くと必ず寄るラーメン屋さん。

ねぎの代わりにニラがたくさん乗った「台湾ラーメン」。

一度食したら病み付きになりますよ♪

CA390024.jpg

dig my style

我が家のロフトを探し物でゴソゴソやってたら懐かしいレコードに出会った。

秋山一将の1st。

大学生の頃、当時人気実力共、絶頂だったのは渡辺香津美氏。

私も憧れ、目標としてました。

でも、同時に秋山氏の歌心あるギタープレイに心酔してました。

艶があっていいんですよ、ホント♪

おそらくマイケルフランクスを意識した歌もオシャレ~。

DSCF2728.jpg




PRSAD

先週の金曜日に演奏した時ストラップを忘れたので、仕事帰りに立ち寄る。

ここは大昔、高校時代の音楽仲間と初めてセッションライブをした思い出の店&現在の私の、もっとも落ち着くスペースでもある。

週明けという事もあり、お客さんの出足も遅い。

店に入るとマスターのけんちゃんがクルセイダーズをかけていた。

YEAH! ♪

二人して、暫くは音楽談義に花を咲かす。

共通の認識はアーシーなサウンドが一番て事。

そやろ? ゆっき、TADAさん?

DSCF2721.jpg

音楽がもたらすもの

竹の音では月に1回程「飛び入りライブ」という機会があり誰でもエントリーすれば3曲15分の持ち時間が与えられる。経験の有無やジャンルの限定もなくまったく自由だ。

その代わり、出演者は自分のステージで観客に対して「自らを表現する」ことを心がけねばならない。
それは演奏技術の深浅関係なく、平等に与えられた約束事だ。

私は楽器だけの演奏スタイル(インスト)を好んで行う。

歌詞にこめられた主張を歌い聴衆にストレートに訴えるのも良いが、メロディーと楽器のタッチ、トーンで聴き手の創造心を膨らませる事もやりがいがある手法だ。

曲のテーマを奏でる時も、ソロパートも他の楽器のバッキング時も、心を込めてその曲の自分なりの解釈をする。

その結果「なんかいいなあ・・・」と思ってもらえる感じが一瞬でもあれば演奏者冥利につきる。

こういうことかも知れない。

「インストは無欲のメッセージ」

DSCF2700.jpg

ようこそ!

昨日から京都の音楽仲間であるTadaさんが遊びに来てくれてます。

夕べは「楽豚」で旬の美味しいお料理を堪能♪

DSCF2668.jpg
豚のしゃぶしゃぶコースの締めの「ぶっ掛け飯」これが、実に旨い!!

その後は場所を移して「プラサード」で、パーカスの吉田氏とセッション♪

DSCF2679.jpg

DSCF2685.jpg



楽しいっ~♪



ダンヒル・シリーズ

訳あって昔の写真を捜していたら、懐かしいレコードを見つけました。

私が中学1年の頃聴いていたお気に入りのシングルレコード。

アメリカのダンヒルレコードの人気バンド「ハミルトン、ジョー・フランク・&レイノルズ」と「グラスルーツ」です。

おそらくどなたもご存知ないでしょうが・・・

久しぶりにターンテーブルの上に乗っけてみました。

擦れてちょいとひずむ音にタイムスリップ。

うん!今でもイケる!

DSCF2660.jpg





季節は初夏から

DSCF2655.jpg


我が家に作られたツバメの巣にヒナが孵りました。

親鳥達はかいがいしく餌を運んでいます。

6月になってツバメ達の飛び交う光景を見ると、何故か亡くなった祖母の野良仕事の姿が思いだされます。

排せつ物で下が汚されるけど、「ツバメが巣をつくるとゲンが良い」と言われることを私は信じています。

すぐ前の川でも蛍が飛び交いだしました。

季節は初夏からもうすぐ夏へと。

ピアノのおけいこ

友人の竹内圭子さんのホームページのご紹介をします。

ちょっとしたきっかけで彼女のメルマガを2年前から読ませてもらっています。

ピアノを含め音楽全般の色んな考証や主婦&母としての家族への愛情の深さ(ご主人に対してはやや希薄?(笑))など充実した内容で、とても読み応えがあります。

特筆すべきは、そんなハイレベルの文章を毎日欠かさず書かれている事!

尊敬します。

皆さん是非一度ご覧になってください。

リンクからどうぞ→



fillmore ukawa

今日はフィルモアウカワこと宇川会館での「えびすライブ」に参加してきました。

我々は「竹の音」一味として最後の演奏。

タイコのマック上田氏とは久し振りの共演♪ 

ぶっつけ本番でいろんなミスはありましたが、楽しくできました。

聴衆の方々も喜んでいただけたと思います。

ともあれ、これがライブの醍醐味ですよね。

出演者、関係者の方々どうもお疲れ様でした。

DSCF2646.jpg



創りだす喜び

15日のAZUSA嬢のライブの最終リハでした。

計3回ほどやったのですが、半分位は雑談でしたので実際は1.5回位(とほほ)

今回はエレキよりアコギが似合うかなと思い、チェットアトキンスを持参しました。

AZUちゃんもボーカリストとしての自分の主張もするようになったし、タケさんとの絡み方も大体掴めたし、OK。

8分位の仕上がりで飽きないようにして、本番に新鮮さを残しておくのが私の好きなやり方です。

皆様、15日はどうぞ甲賀の「竹の音」へ。

DSCF2634.jpg


mihara yoko

先日お誕生日を迎えられ、HPにささやかなお祝いのメッセージを送らせていただきました。

古くからの音楽仲間であり私の大好きなミュージシャンである、見原洋子嬢。

音楽仲間と言いましたが、おこがましい・・実は私の先生。

その昔、それまでのバンド仲間が仕事などで忙しくなり、なかなかリハの予定がたたなくて「これはもう一人ですべてやらなくてはいけないのかな?」と、当時流行りかけでありました「打ち込み」を学習すべく京都の某大手楽器店の「音楽教室」に通う決心をしました。

そこの先生が「みふぁら」さん、当時の人気女性バンドのKBプレーヤー。

実はお二人先生がおられて、どちらのコースも受講可能だったのですが、ライブを拝見し旧知(先方はご存知ありません)の見原さんの門下をくぐる私・・・。

デジタル関係にまったく無知な私にやさしく教えて下さいました。

その時に課題で作った曲のタイトルを御礼の気持ちを込めて、マイルスデイビスのように人名を曲名にしてズバリ「みはらようこ」としました。

いつか機会があればバンドで披露したいです。

DSCF2632.jpg
CDも2枚リリースされています。素敵ですよ♪

収穫

今年も沢山採れました。

世界的な食料難のニュースを聞くたび、自前で作物を作り食することの有難たさを感じます。

農業は文字通り「泥臭い」もの。

ロハスとかオーガニックライフなんかの言葉には、ちょいと反感を覚える私です。

食物を育て、食することをお洒落感覚で語ってもらいたくないな・・・・・。

自然と共に、自然に感謝。

DSCF2628.jpg



真木よう子

w02-0552-080216.jpg

私のお気に入りの女優。

初めて見たのは「パッチギ!」でした。

その後「下妻物語」「ゆれる」などでも好演してました。

そこいらの「お子様ランチ」風の演技者でなくて、骨太って感じ。

女性のタイプとしても好みかな・・・

Maniac

お酒を呑むときのパートナー達。

右より高橋禎彦氏のロックグラス
中央は三浦世津子さんのワイングラス
左は新島でブローした私作のぼてぼてグラス(恥)

お酒に応じて、気分次第で・・・。

*ちなみに右手前にちょこっとあるのは高橋禎彦作のコ○ド○○型スライドバーです♪

以上グラス偏でした。これでいい?Fullさん?(笑)

DSCF2625.jpg


出来上がり

いつもはほとんど料理はしませんが、休日の朝など珠に家族の朝食に卵焼きを作ります。

私個人としては「出し巻き」系より昔ながらのちょっと固めの焼き焦げ付のが好みです。

私流の作り方では鶏がらスープの素を下味につけることがポイントかな?

音楽の事ではついついマニアックに走りがちですので、こんな内容にしました。(笑)

DSCF2599.jpg
プロフィール

Sho-Bud

Author:Sho-Bud
こよなく音楽を愛するギター弾き♪
愛器は’64年製のストラトキャスターとギブソンES335
好きなギタリストはバジィフェイトン・ロベンフォード・スコットヘンダーソンetc
赤瀬川源平翁の薫陶を受けトマソン物件を探す日々。
【最近感銘を受けた言葉】
大切なことは常識に従う
世間のことは流行に従う
芸術のことは自分に従う
(小津安二郎)・・・だったかな?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。