スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行け年来い年

今年1年を振返ってみた。

まず「竹の音」でTAKEさんのアルバムの録音が始まる。ゆっきの総監督の元、私も数曲に参加。
生まれて初めて人の音源に携わり、大変良い経験をさせていただいた。改めてゆっき・TAKEさんに感謝する。

昔、大阪で活動していた「CERAMICS」というPOPSバンドの再始動リハ。残念ながら一回しか集まれなかったが、長時間のブランクがあったにも関わらず、一度音だしすればまるでタイムスリップをした様に当時の雰囲気になる。これもバンドの醍醐味か。

TAKEさんのお誘いで「竹の音」で知り合った女性ヴォーカリスト・AZUちゃんとのユニット「AZUSA」に参加する。ひたむきな彼女の歌に対する情熱を通じて、久しく忘れていたギターを弾き始めた頃の純な気持ちを思い出させてもらった。

旧友・達のバンド「FUNKY BANANA」に客演。私の大好きな16ビート系のリズムカッティングを思う存分出来た。やっぱり気持ちいい♪

「FUNKY BANANA」をベースとした「Soul Shot」を再活動。
タイコはトラの吉田氏だったが、米っち・なおっちとのグルーヴもばっちりだった。
来年はタイコのカンペイが参加して最強のリズムセクションでヴォーカルのみーさんをプッシュする。
楽しみだ。

とまあ、大変充実した音楽活動が出来た。
これも全て関わっていただいた仲間達のお陰である。

心から感謝します♪♪♪

どうぞ良い年をお迎えください。


今日は真面目にジョーク無しです(笑)
では、これから京都・和音堂の「年越しカウントダウン・ライブパーティー」に行ってきま~す。




スポンサーサイト

魂の一撃

12月23日での「楽豚」ライブには大勢のお客様にお越しいただき、誠に有難うございました。

久し振りにみーさんのヴォーカルに酔いしれた私です。

メンバーはビールに酔いしれてましたけど・・・・

楽豚さんのお料理も美味しくて、大満足いただけたと思っています。

さあ、来年はSoulShot、本格的に動きますか!

DSCF3539.jpg
左端に居るのはせくすぃ~サンタ

DSCF3542.jpg
最後に金ちゃんと一緒に記念撮影♪
吉田氏の切れ具合で酒量の多さが測り知れるってか?(笑)

翼を下さい

竹の音を後にして向かったのは京都・城陽市。

元赤い鳥・ハイファイセットの山本潤子さんのコンサートに。

前日、女史のバックでギターを弾いている友人の井川君よりお誘いのメールを頂いたのでした。

伊賀に戻る前この隣の宇治市に住んでいたので、このホールや周辺の施設は良く知っている。

(前回来たのはNHKの「おかあさんと一緒」の公録で、ちょうど「だんご3兄弟」がヒットしだした頃だったかなあ・・・茂森あゆみさん、すごく綺麗でした)

それとこのバンドのベースは先日このブログで紹介させてもらった大久保君です。

コンサートが始まり、潤子さんのバックで二人が演奏している情景を見て、感慨深いものがこみ上げてきました。

プログラムは最新曲と赤い鳥・ハイファイ時代の往年のヒット曲とを組み合わせて、上手に進められていく。

井川君の提供するオリジナル曲は、彼らしい高度ながら聴きやすく、歌詞も聞き手の想像心を膨らませるものばかり。潤子さんの世界にもフィットしています、流石。

それにしても潤子さんの歌声の素晴らしいこと!

私は「癒し」という言葉は嫌いだし、あまり使いませんが、彼女のような歌声ならそのように表現しても良いなと感じました。

年齢ももうすぐ○○歳とMCでちょこっと話されてましたが、会場がどよめいていました。

「そうは、見えな~い!」

私が高校時代に50、60歳の人達がロックやフォークソングを歌ったり演奏するなど、まったく想像出来ませんでした。

でも、ガミさん、コイさん、そして潤子さん達大勢の素晴らしい音楽の先輩たちがその道を切り拓いて
おられます(ご本人達は全然自然体です)

自分もそれに続くことが出来れば幸せです。

コンサート終了後、楽屋に通してもらって二人と久し振りの再会。

その後、井川君を大阪の実家まで車で送り届けてあげたのでした。

DSCF3524.jpg
生「翼を下さい」が聴けて感動。「中央フリーウェイ」も良かった♪

DSCF3521.jpg
ベースの大久保君と。プロになって素晴らしいテクに更に磨きがかかってました。
SoulShot再始動の話をしたら、とても懐かしがってました。
日帰りの強行軍スケジュール、どうもお疲れさまでした♪







おっさんなにするんや

このタイトルでピンときた方は相当の音楽マニア♪

その昔大阪に「ヨーコ・ブルースバンド」というご機嫌なバンドがありまして、この曲はシングルEP盤でも発売され、結構ヒットしたと記憶してます。

20日竹の音にその作詞作曲者であるガミさんとこれ又超ベテランの素晴らしいシンガー・コイさん達がユッキと一緒に出演された。

お二人とも我々の大大先輩で、正に「関西音楽界の生き字引」。

なんせ出てくるお話が毎日放送の人気番組「ヤングOH!OH!」に出演された事(!!)など、懐かしく愉快なものばかり。

事情がありリハのみで店を後にしたのですが、今度ゆっくりお手合わせさせて頂きたい。

DSCF3510.jpg



Oh!Yeah!

仕事帰り、プラサードで吉田氏と23日の「楽豚」のリハをやった。

当日まで京都組とは一回もお手合わせ出来ないので、演奏する曲の構成やリズム・テンポを二人ですり合わせる。

彼とはグルーブが良く合うので、すんなり打ち合わせは進んでいく。

そうするうちに、けんちゃんがピアノで絡んできた。

仕方ないなあ~(笑)

で、いつものようにジャムセッションの始まり♪始まり♪

DSCF3501.jpg

センチメンタルジャーニー

今日は米っちのお誘いで、大阪は枚方・楠葉駅前の「往生極楽ライブ」に出向いた。都合でリハの時間しかいられなかったのだが・・・。

しかしながらすごいタイトルだ。(汗)内容はなんかのチャリティライブ。

今回米っちは、出演ではなく店内で「おでん屋」のおやじと化するらしかった。

でも、なおっちとみーさんは出演なので、ちょうど23日のライブの打ち合わせもできるなと・・・。

それから、もうひとつ大きな目的があった。

それは今から○○年前に住んでいた会社の寮の後を見ること。

激変している所も当然多々あったが、当時のままの所もあって、思わず「懐かしい~」と声が出てしまった。

暫しのタイムスリップを楽しんだ一日。

DSCF3490.jpg
今は当時の寮はなくなり、マンションに変わっていた。私は4Fの右の部屋に3年間住んでいた。


DSCF3497.jpg
What's&みーさん、ごめんなさい。リハだけ見て帰ってしまって。

アンプ3兄弟

DSCF3448.jpg


私の持っているギターアンプ。

但し、Line-6のSpiderⅢは音楽仲間Fullさんから借りてるもの。

で、これが良く出来た代物。

私自身、シュミレーションエフェクターにはあまり関心がないし、感心しないが(しゃれ言葉?)使ってみたら、「確かにこれは楽だし、良いわ~」と思う。

”あなたも今日から名ギタリスト”ってサウンドが簡単に出る。

昔は憧れのミュージシャンの音にどうやったら近づけるか皆苦労したものだ。

あるギター仲間はアンプは必ずフル10にしなくては良い音が出ないと信じていたし・・・。

うるさくって仕方ない(笑)

もっと昔の話で、ギターのディストーションサウンドはアンプのスピーカーが破れているからと、わざわざカッターナイフで刻んだ人がいたそうな・・・(ほんとかな?)

私もこれまで、ギターとアンプの組み合わせの試行錯誤の連続で今日まで来ている。

未だ「これだっ!」と思う音には出会えてない。

それは自分の未熟さの現れであるし、それだからずっとギターを弾いてこられたのかも知れないな。

Rythmsection of Soul Shot

このバンドは何回かDsとBが入れ替わってる。

Ds・Bの組み合わせで順でいくと・・・・

①杉江君&サニョリータ→ オリジナルリズムセクション。Bのサニョは熟女FUNKBAND「Ms.Groove」で現在も活躍中。

②杉江君&中井”子供”→Bに私の当時の会社の後輩の弟であった同志社大の学生を呼び寄せる。彼がこれ又超テクニシャンでかっこ良かった!

③”マック”上田&大久保君→理知的ハイレベルDsのマックさんとマーカスミラーフリークの大久保君とのコンビ。この時が一番高尚でした。(大久保君は現在元ハイファイセットの山本潤子さんのバックで活躍中)

④大島直美&大久保君→ サニョとコンビを組む女性ドラマーの大島が参加。そのバーナードパーディーばりのFUNKドラムは聴衆の下半身を直撃!最高に気持ちの良いセットでした。

⑤モコさん&大久保君→うって変わってDsに繊細な女性JAZZドラマー馬場さんを招へい。確かなテクニックと愛らしい人柄で心癒されまくり♪

⑥杉江君&米っち→現在のFunky Bananaの名コンビ。言わずもがなの阿吽の呼吸で、フロント陣は安心して演奏できる。

・・とまあ、知らない方には何のことかと思われましょうが、ギタリストとしてこれだけ多才で素晴らしいリズムセクションの方々と一緒に演奏できたことの喜びを感じると共に誇りに思います。

愛してるよ~!みんな♪

Soul Shot returns!

音楽仲間・金ちゃんのお店「楽豚」でライブをさせていただくことになった。

バンドは以前京都時代に結成していた「Soul Shot」というR&BベースのJAZZ/FUNKBAND。

この「Soul Shot」はそもそも先日ライブをした「Funky Banana」の杉江君がブラコンバンドをやりたいとのことで、16系のリズムカッティングの好きなギタリストを探していたところ共通の音楽仲間のピアニストから紹介されて、私が加入させてもらうことになったバンドである。
これまで、ずっとそんなジャンルのバンドをやりたかったので私も嬉しかった。

当時、杉江君の住んでいた堀川紫明のマンションに初めて伺ったことも良く覚えている。
私にとって全員初対面で少々緊張したが、みんな好感が持てる人ばかりだったので安心した。

当初はDs・B・G・2キーボード・3ヴォーカルという大所帯でクインシージョーンズやジョージベンソン等のカバー中心に「京都MUSEHALL」や「都雅都雅」「陰陽」に出させてもらった。
杉江君の粘りのある跳ねたドラムのグルーブとみーさんのシルキーヴォイスが看板だった。

その後メンバーの仕事等が忙しくなり一旦活動休止状態になったのだが、暫くして私の音楽の虫が疼き出し、ヴォーカルのみーさんとピアノの早川さんに声を掛けて、再活動を始めた。

そこでは、ちょっと路線を変えて各楽器1名のシンプルな構成にして、レパートリーもブルースやソウルのスタンダード曲やエルビスコステロが発掘した隠れたR&Bの名曲のカバーにした。
又、4ビートのJAZZ路線に取り組むこともした。

DsとBは色々メンバーが変わったが、みーさん、早川さんと私の3名はずっと同じだった。

自分の中で勝手ながらだが、この「Soul Shot」というバンドは「いかに、ヴォーカルのみーさんの魅力を最も引き出せるか?」とテーマにしている。

それ位素晴らしいヴォーカルである。でも、冬のライブにパンツの下にパッチ穿いてたりする。それも裏返し(笑)
お茶目なおっちゃんである。

このバンドに関するエピソードは一杯あるので、これからも折々触れていこうと思う。

あっ肝心のライブの告知を忘れてた・・・。

【日時】 12月23日(火・祝) 19時スタート

【チャージ】 1,000円

【場所】 楽豚 三重県伊賀市千貝90 0595-43-0880

楽豚HP

http://rakuton.nomaki.jp/

恋人に会いに♪

なんてね。
仕事の帰りに、ちょっと用があって「プラサード」に立ち寄った。

お~マリリン、久し振り。会いたかったよ♪
DSCF3439.jpg

後はマスターけんちゃんと毎度のことながらジャムセッション。
「枯葉」「黒いオルフェ」「FOUR」やブルースなど数曲。

けんちゃん、ピアノ巧くなってた(笑)




プロフィール

Author:Sho-Bud
こよなく音楽を愛するギター弾き♪
愛器は’64年製のストラトキャスターとギブソンES335
好きなギタリストはバジィフェイトン・ロベンフォード・スコットヘンダーソンetc
赤瀬川源平翁の薫陶を受けトマソン物件を探す日々。
【最近感銘を受けた言葉】
大切なことは常識に従う
世間のことは流行に従う
芸術のことは自分に従う
(小津安二郎)・・・だったかな?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。