スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラムセット

一月前から計画していた息子のドラムセットの購入をした。

MIXIでも友人のドラマーに意見を聞いていたのだが、結局PEARLの中級機種に決定した。

本人が飽きなければ、多分大人になるまではこれでいけると思う。

頑張って練習してくれよ。

何より楽器を愛してくれよ。

vbx925c-dx.jpg
スポンサーサイト

ミツルとギター

DSCF3898.jpg

ミツルは17歳・高校2年生。

先日「麦と芋」の朋友・ユッキとライブを終えたばかりの彼の家に行き、私もセッションを楽しんだ。

今日は私の要望で、敢えてコード進行を訊かずに「とにかく歌ってくれ」と頼んだ。

私自身、十代の若者の生き生きとした感性を先入観なしで浴びたかったから。

彼の長所は天性のリズム感の良さだと思う。

オリジナル曲は若さ溢れた感性で創られていて、どれも完成度が高い。

とは言え、荒削りな部分もある。が、そこは何倍もの音楽経験の時間のある男が角を丸くしてはいけない。

そこが、若者の旬の味わいだから・・・・・。

彼自身、ユッキの素晴らしいアプローチとは違った私の楽曲の解釈を楽しんでもらったようだ。

こういう経験が彼には財産になっていく筈だ。

その後、ミツルに「竹の音」でも競演させていただいた日野町のWOODMAN・北川氏の工房に案内してもらった。
DSCF3901.jpg

以前よりずっと思っていた待望の訪問である。

偶然、農島氏もおられ男4人のギタリストの集合だ。

壁にはマニアックなアコギがずらり。

どれもコンディションは完璧。

その気(弾く気)にさせてくれるモノばかり、北川氏のギターに対する愛情と念の深さに感服した。

もし、私の財布に○○万円のお札が入っていたら、帰りの車のトランクには黒いハードケースが横たわっていたことだろう。

DSCF3902.jpg






soulful strut

今日は昼間何故か眠くて、帰ってから早めに寝ようと決めていた。

なのに、10時を過ぎて逆に目が醒めて来て寝つけない・・・。

こんな時はお気に入りの音楽をじっくり聴くに限る♪

久し振りにターンテーブルの登場

こんなのを聴いてみました。

タイトルのEugeneRecordの曲、ハッピーで良いなあ~

Tadaさん、SoulShotで演らない?

DSCF3888.jpg

さいとう大すけさん

昨日のバイショーの余韻が体に残ったまま、今日は竹の音ライブに行った。

目的の一つに昨年12月に「AZUSA」とご一緒した「さいとう大すけ」さんのプレイスタイルに感銘を受けて、その時「機会があれば是非一緒に演奏できれば・・」と申し出ていたのだ。

ライブ後、軽くお声がけしただけだったので、多分覚えてもらってないだろうなあと思っていたら、案の定だった(笑)

でも、無理を言って一曲(F♯のブルース)をリハなしで、まったくのぶっつけ本番でやらせて頂いた。

自分自身は大層気持ち良く演奏させていただいたが、さいとうさん・お客様はいかがだったろうか?

快く飛び入りをお許し頂いたTAKEさんにも感謝します。

DSCF3886.jpg
まじめそうに見えるが、けっこうハジケテ弾いていたりするのだ~(笑)

ユーミン

先程、塩野義・ミュージックフェアにユーミンが出ていた。

丁度4年振りとなる全国ツアーが始まったばかりなので、その宣伝のためかな?

この番組は数少ない良心的音楽番組の一つなので家に居る時は、大体観る。

フロントの歌手のバックミュージシャンが誰だか探すのも、楽しい。

今日はキーボードの武部聡志とギターの鳥山雄司しか判らなかった。

鳥山氏は日本でも屈指のスタジオギタリストだ。巧い!

30年近く彼の事は気にし続けている。

後、スタジオ系では、今剛と佐橋佳幸が好きだ。

で、主人公のユーミンだが、スタイルは相変わらず素晴らしい若さを保っていたが、音楽的な部分のコメントは控えておこう。

集中

何か本番前にならないとそれの準備をしないって、みなさんもおありでしょう?

学生時代はテスト勉強とか・・・(汗)

でも、切羽詰って追い詰められた時なにかのパワーがみなぎることも?

言い訳じゃなく。

今「木綿のハンカチーフ」のギターのオブリのコピー中♪

DAVID先生、宜しくお願いします。

DSCF3835.jpg
プロフィール

Author:Sho-Bud
こよなく音楽を愛するギター弾き♪
愛器は’64年製のストラトキャスターとギブソンES335
好きなギタリストはバジィフェイトン・ロベンフォード・スコットヘンダーソンetc
赤瀬川源平翁の薫陶を受けトマソン物件を探す日々。
【最近感銘を受けた言葉】
大切なことは常識に従う
世間のことは流行に従う
芸術のことは自分に従う
(小津安二郎)・・・だったかな?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。