スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

似ているもの

最近気付いた・・・

それは「ライブハウス」と「ギャラリー」

どちらもARTを扱うけどビジネスの世界。

趣味と商売との優先もしくは両立、葛藤・・・。

ほとんど同じスタンスだ。

オーナーはお気に入りのアーティストをファンとして育てるか、お金儲けの手段として割り切るか、いつも悩む。

アーティストもオーナーを信じて身も心もゆだねるか、パフォーマンスの場として、一歩引いた所で係わるか・・・・

う~ん、難しいですね・・・
スポンサーサイト

仲間は良いな

お盆休みの最終日、所用があって母と奈良に出向いた。

予定より早く終えることが出来たので、朋友Fullさんのお宅にお邪魔した。

突然の訪問にも快く受け入れてくれるF夫妻。

ひとしきり世間話をした後は、いつもの音楽談義。

相変わらずの的確な辛口批評に苦笑い(でも嬉しい)

お土産を頂いた上にロベンフォード在籍中のイエロージャケッツのライブ盤も貰った。

この頃のロベンが一番好きだ。

Fさんに感謝♪

永遠の翼とともに

今日は8月15日、太平洋戦争の終戦記念日だ。

施餓鬼・お盆と菩提寺に行く機会が多かった。

私はいつもお寺に行くと本堂の片隅にある額縁に手を合わせる。

そこには30名ほどの軍服を着た若者達の写真が個々にあり、笑っている人もいれば、真面目に正面を見据えている顔もある。

この故郷に帰れなかった彼らの中には、私の祖父の弟もいる。

海軍中尉だった彼は、戦艦大和の護衛艦の一艘に乗り組んでいて、東シナ海の海で眠っている(らしい)。

私が中学生のある夏、彼の未亡人(私は呉のおばさんと呼んでいた)の住む広島・呉市に遊びに行った時のこと・・・

同居していたおばさんの、御歳80は越えていただろうお母様が、私を見るなり「〇〇さんとそっくりじゃあ・・・」と涙を流して手を握られたことを思い出す。

滞在中はそれこそ「殿様」の様に扱っていただいた・・・

悲しい別れとなった愛する人の面影を、私に見出してくれてたのかな・・・・

タイトルは「西岡たかしと五つの赤い風船」の代表曲。

私にとって日本のフォークとはこのようなテイスト。

NO more war




飛び入りライブデー

「竹の音」恒例のおなじみ企画。

お盆休みに入った12日、例のコンテストのチラシを置いて頂く為「竹の音」に伺った。

本当は、それだけで今日は観客の一人として楽しもうと思っていた。

でもなぜかギター持参・・・・(笑)

やどやんに押し売りで共演。

ともろさんにお願いして、私名義でインスト2曲。

TAKEさんともご一緒。

無心でギターを弾きました。

当日、とても素敵な女性シンガーが来店されてました。

久し振りに衝撃を覚えました。

当日の出演者の皆様、お疲れ様でした。

どうぞ良いお盆を~♪(笑)

色褪せた情景

「竹の音」オーナーTAKEさんから、先日リリースされたCDをいただいた。

ともろさん、kat.、ホースケさんなど「竹の音」ファミリーが集った楽しいアルバムです。

皆様、是非お聴き下さい♪

横のリンクの「竹の音」のホームページから詳細ご覧いただけます。
プロフィール

Author:Sho-Bud
こよなく音楽を愛するギター弾き♪
愛器は’64年製のストラトキャスターとギブソンES335
好きなギタリストはバジィフェイトン・ロベンフォード・スコットヘンダーソンetc
赤瀬川源平翁の薫陶を受けトマソン物件を探す日々。
【最近感銘を受けた言葉】
大切なことは常識に従う
世間のことは流行に従う
芸術のことは自分に従う
(小津安二郎)・・・だったかな?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。