スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年を振り返って

今年は、ほとんど新譜を聴かなかった。

毎年、これは!という音源に中々巡りあえなくなってきている気がする。

年齢のせいかな・・・(笑)

唯一、今剛の2ndアルバムが良かった。

彼の演奏は本当に巧くて、ギターって良い楽器だなといつも思わせてくれる。



音楽活動としては「AZUSA」を本格的に始めたが、残念ながら半年余りで断念してしまった。

ここで、改めて説明しておくがこのユニットはヴォーカリスト・あずさ嬢をギターの私がサポートするものではなく私の自作品を彼女の声を通じて発表したり、インストなどのレパートリーをご披露するものだった。

但しその楽曲の中には彼女の作詞のものも含まれていたし、彼女の好みの楽曲もあったが、基本的には私がイニシアティブを執らせてもらっていた。

「AZUSA」ではストレートなラブソングや、フォークソングにありがちな重たい感情表現は避けて、音楽的に高尚な表現を目指していた。

この点では彼女と志向が一致していたので、すんなりと始める事が出来たと思う。

メンバーの都合でバンド形態では2度程しかライブが出来なかったが、最終目標としては「パットメセニー・グループ」的な効果的なヴォーカルの使い方まで視野に入れていた。(笑わないでね・・・)

彼女にとって未知のジャンルだったが、精一杯良くやってくれました。

改めて感謝すると共に、違う道に進む彼女にエールを送ります。


ゆっきとコイさん、米っち、なおっち達との交流も本当に楽しかった。

来年も更に彼らとは、新しい創造を生み出せると確信する。


みーさんと二人だけで演奏した事は、幸せに感じた。

手加減せずにフルパワーでギターが弾けるフロントは、私にとって貴重な存在だ。

これから、無理なく自然なスタンスで、お互い良質の音楽をクリエイトしていきたい。


そして、この秋にお近づきになった陽子嬢とのユニットは自分自身、すごく楽しみにしている。

彼女の天性の歌唱力は、伴奏者として大変誇らしく思える。

みーさん同様、”歌えない”私の代弁者としてのヴォーカルを彼女に期待したい。(お願いしたい)

それから、竹の音オーナー・TAKEさんや相棒のともろさん、シュガーヒルのみなさん、やどやん、&ライブで共演いただいたアーティストの方々、及び常連のみなさん&お客様、プラサード・シンジケート各位、本当に今年1年御世話になりました。

深く感謝の意を表します。

来年も宜しくお願い致します♪

スポンサーサイト

Blue Bayou

陽子嬢がYouTubeにアップされたのでご紹介します。

ギターのチューニングの甘さとコードミスはご容赦下さい。

ギターソロも打ち合わせにはありませんでした。

http://www.youtube.com/user/yokocicadashell

prayer

竹の音でcicada shellの陽子さんのサポートでギターを弾いた。

いつもの事で、ほとんどリハなし、ぶっつけ本番だったがなんとか務める事ができた。

それにしても彼女の歌声は素晴らしい。

横にいる私まで、心が洗われる想いだ。

さぞかし、前のお客様達は清純な気分に浸られたと思う。

季節柄、1曲クリスマスソングもお届けした。

偶然二人の好きな曲だったので、ストレスなしに演奏ができた。

名曲「The CHISTMAS SONG」。

陽子嬢の声にも良く似合っている。

メリークリスマス♪

DSCF5004.jpg

DSCF5013.jpg





今日のラジオで・・・

夜の8時からの大阪ABCラジオ「高石ともやの風に吹かれて」という番組で、故・加藤和彦氏の思い出を語っておられた。

加藤氏はプロになった時最初に所属していたのが高石さんの事務所だったらしく、フォークル前後の昔話を色々きかせてもらった。

氏は加藤氏の自死を本当に嘆き悲しんでいる様子で、自分の形振りかまわぬ生き方を、加藤氏のスタイリッシュな人生と比べて自虐的に語っていた。

随所に歌いだす加藤氏の作ったフォークソングに、私もじ~んと聴き惚れた。

日本の音楽界にとって加藤和彦氏を失った痛手は計り知れない。

ピアノのおけいこ

とは、私の尊敬する「竹内圭子」さんのホームページのタイトルだが、この日曜には子供達のピアノ発表会が控えている。

頑張らなくてもいいから、伸び伸びと楽しく演って欲しい。

何よりピアノを鳴らそう!

DSCF4835.jpg

システム手帳のリフィル

今年はまだ買いそびれている。

早く買わないといけないな・・・。

私の愛用品は「SAZABY」製のだが、これはもう15年近く使っている。

この手帳には、ちょっとした物語があって、実は、物悲しい物語が背景にある(笑)。

大層な表現になるが、個人的には、「戦友」のようなもの。

毎年の其々書き込んだページは大切に残してあって、日記として私の人生の記録を刻んでいる。

年々、使いこんでいく内に渋みを増してきた・・・。

これからも大切にしますね。

DSCF4834.jpg



最高の女性

最近、ずっとYouTubeで観ている(聴いている)のが故EMILY REMLER。

彼女は確かドラッグ過多で命を失った。

おしい

こんなにも才能溢れるギタリストだったのに・・・・・


迷いのない素晴らしいアドリブソロの演奏は正に”ギターの化身”とも呼ぶべき。

生前に一度は観たかった。


http://www.youtube.com/watch?v=wJYqqA1U0mc




プロフィール

Sho-Bud

Author:Sho-Bud
こよなく音楽を愛するギター弾き♪
愛器は’64年製のストラトキャスターとギブソンES335
好きなギタリストはバジィフェイトン・ロベンフォード・スコットヘンダーソンetc
赤瀬川源平翁の薫陶を受けトマソン物件を探す日々。
【最近感銘を受けた言葉】
大切なことは常識に従う
世間のことは流行に従う
芸術のことは自分に従う
(小津安二郎)・・・だったかな?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。