スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンプ3兄弟

DSCF3448.jpg


私の持っているギターアンプ。

但し、Line-6のSpiderⅢは音楽仲間Fullさんから借りてるもの。

で、これが良く出来た代物。

私自身、シュミレーションエフェクターにはあまり関心がないし、感心しないが(しゃれ言葉?)使ってみたら、「確かにこれは楽だし、良いわ~」と思う。

”あなたも今日から名ギタリスト”ってサウンドが簡単に出る。

昔は憧れのミュージシャンの音にどうやったら近づけるか皆苦労したものだ。

あるギター仲間はアンプは必ずフル10にしなくては良い音が出ないと信じていたし・・・。

うるさくって仕方ない(笑)

もっと昔の話で、ギターのディストーションサウンドはアンプのスピーカーが破れているからと、わざわざカッターナイフで刻んだ人がいたそうな・・・(ほんとかな?)

私もこれまで、ギターとアンプの組み合わせの試行錯誤の連続で今日まで来ている。

未だ「これだっ!」と思う音には出会えてない。

それは自分の未熟さの現れであるし、それだからずっとギターを弾いてこられたのかも知れないな。

スポンサーサイト

COMMENTS

No title

アンプが破れているんじゃないかと穴を開けた人たちは、『ファズ』の音を聞いた人たちです(笑)

デストーションは、ずっと新しい(笑)

No title

>Boochin

ご指摘の通りですね。

ちなみに私のファズ初体験は、高校時代に先輩が持っていたROLAND製のBEEBERを借りた時。

コードをそのまんま弾いて、ジャージャー音がするだけで、訳わからんかった(笑)でも、気持ちよかった♪

わ~~

僕もだよ~~(笑) なつかし~(笑) ほかさなきゃよかった。。。

ブースターが 気持ちよかったよね

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Sho-Bud

Author:Sho-Bud
こよなく音楽を愛するギター弾き♪
愛器は’64年製のストラトキャスターとギブソンES335
好きなギタリストはバジィフェイトン・ロベンフォード・スコットヘンダーソンetc
赤瀬川源平翁の薫陶を受けトマソン物件を探す日々。
【最近感銘を受けた言葉】
大切なことは常識に従う
世間のことは流行に従う
芸術のことは自分に従う
(小津安二郎)・・・だったかな?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。