スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RENEGADE CREATION

51N3GXc8W6L__SL500_AA300_.jpg


マイケルランドウ・ロベンフォード・ジミーハスリップ・ゲイリーノバックのスーパーバンドの音源を入手した。

一曲からいきなりご機嫌なセカンドラインリズムで幕開けだ。

ヘビーなギターサウンドが絡みつく。

マイケルランドウはTOTOのスティーブルカサーとほぼ同世代だが、私は彼のほうがずっと好みである。

アルバムはヴァーニングウォーターのミニライブ盤しか持っていないし、さほど熱心に聴いていたギタリストではなかったが、それでも色々なシンガーのバックで高質な演奏を聴かせてくれていたのは知っている。

このアルバムでもストラトのブライトな煌びやかな音色で、豊富で饒舌なフレーズをこれでもかっと言うくらい繰り出してくる。

そして、我が最大のアイドル・ロベンフォードはというと正直期待はずれだった。

特にロベンが何曲か歌っているのだが、ヘビーなボトムに彼のヴォーカルがひ弱く、悲しいかなちょっとマッチしていない。

そして、彼の端正に弾くブルースギターのスタイルも品が良すぎて、なんかこじんまりしているように感じてしまう。

又例えるなら「借りてきた猫」のような、なにがしら「肩身の狭い」ロベンを感じた。。。。

反面、ランドウのロックテイスト溢れるストレートなギタースタイルが魅力的に思えた。




ちょっと、ショックで色々考えさせられた。



スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Sho-Bud

Author:Sho-Bud
こよなく音楽を愛するギター弾き♪
愛器は’64年製のストラトキャスターとギブソンES335
好きなギタリストはバジィフェイトン・ロベンフォード・スコットヘンダーソンetc
赤瀬川源平翁の薫陶を受けトマソン物件を探す日々。
【最近感銘を受けた言葉】
大切なことは常識に従う
世間のことは流行に従う
芸術のことは自分に従う
(小津安二郎)・・・だったかな?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。