スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年を振り返って

今年は、私の音楽人生(ちょっとかっこつけてる?)の中で新しい出会いが沢山あった年でした。

①京都時代からの盟友・ヴォーカルのみーさんとのデュオ・ソウルチョビットの活動を再開。
竹の音を皮切りに4月京都・ネガポジ、7月京都ROOM335、11月再び京都・ネガポジと関西ツアーを敢行した(笑)
このユニットの目的は「みーさんの歌の魅力を最大限に引き出す」ことと「隠れた名曲を知らしめる」にあり、その為に私は横にちょこんと座ってギターを弾いている。
MCやステージ進行はダラダラしていて決して褒められたものじゃないが、いつも暖かいオーディエンスに助けられて二人ともリラックスして演奏させてもらっている。
又演奏の機会を設けていただいた、ようこさん・共演ののーこさん・りえさん&jyujyuさん達のブルブルの皆さん・オイワさん・ぐっさん・まどか嬢etcどうもありがとうございました!
皆様に感謝です。
おそらく来年もこんな調子でゲリラ的にひょこっとどこかで演奏するんだろうな?

②竹の音に集まるミュージシャンの中で、今年最も急成長をとげた「yAy」の初CDのレコーディングの手助けを何曲かさせて貰った。
このユニットの最大の持ち味はヴォーカルのアユミ嬢の歌唱力と二人の創る楽曲の良さにある。
もはや「竹の音」の看板バンドとなったと思うので来年は一層の飛躍を期待する。

③これ又京都時代からの古くからの音楽仲間・岩倉の小さな巨人AちゃんとヴォーカルCちゃんが中心の(ボサノヴァ)バンド「ロカス☆ロコス」に参加する。
タイコのこまちゃんとベースのぺーにゃさんのリズム隊も大人の対応(笑?)で素晴らしく、なんのストレスもなくギターが弾ける。
何よりこのバンドの良さはAちゃんCちゃんの創るオリジナル曲の高品質さにある。
ちょっと遠方でも加入を決めたのは、これらの曲を演奏できるからだった。
夏から少しずつ音合わせをしてきたが、来年はいよいよ私にとっての初ライブが予定されている。
2月20日(日)京都・祇園「シルバーウィングス」
皆様是非、足をお運び下さい。

④信じられない事に日本のロック・ブルース・ソウル音楽シーンに数々の名演を残されてきた伝説のキーボーディスト国府利柾氏と知り合い、一緒に演奏する機会を得た。
ドラムの平山サンペイ氏や関西屈指のベースの巨匠・山田晴三氏らと音を紡ぎ出したが、「これが一流ミュージシャンの演奏だ」と心から実感した。
特に同時進行で流れていくインタープレイでの自己責任の取り方・・・・(ちょっと堅苦しくなるからやめときます・笑)
来年もこれからも出来ればご一緒できれば嬉しいな。


⑤お正月に出かけた「谷本あやか・コンサート」で高校時代の友人と偶然会い、そこからウイーン在住の元劇団四季のミュージカルアクトレス村田知嘉子嬢にこれ又〇〇年ぶりに再会し、年末の(この前の)コンサートのバンマスを依頼された事。
最初は安請け合いしてしまったかなあと正直、ちょっと心配していたのだが秋以降、怪人・吉田氏の協力を得てこの地元で考えられる最強&最高のメンバーが揃った。
リハの回を重ねるに連れグルーヴが生まれ、当日の満足のいく演奏と相成った。
終了後の大勢のお客様の笑顔を見て、引き受けて良かったとしみじみ感じた。

おまけにアフターライブの打ち上げでも、超久し振りの友人達との再会も果たせて嬉しかった。
この日ほど、今までギターを弾いていて良かったと思ったことは無かった。
音楽に感謝・ギターに感謝・共演者に感謝・お客様に感謝・・・・・

皆様どうぞ良いお年をお迎え下さい。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Sho-Bud

Author:Sho-Bud
こよなく音楽を愛するギター弾き♪
愛器は’64年製のストラトキャスターとギブソンES335
好きなギタリストはバジィフェイトン・ロベンフォード・スコットヘンダーソンetc
赤瀬川源平翁の薫陶を受けトマソン物件を探す日々。
【最近感銘を受けた言葉】
大切なことは常識に従う
世間のことは流行に従う
芸術のことは自分に従う
(小津安二郎)・・・だったかな?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。