スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルース甲賀VS伊賀?

タイトルに偽り有り。

音楽は対抗するものではなく、演奏者がお互いの感性を感じあって高めるものですね。

甲賀マイスター館での「静沢真紀ブルースライブ」が13日に開催されました。

オープニングアクトに関西いや日本のブルースロック界の重鎮「誰がカバやねんロックンロールショー」のDonメグ・藤田隆氏達のサポートを受け、AKB48級の伊賀上野のブルースアイドル・もか嬢率いる「モカバンド」がまずは会場の雰囲気を盛り上げてくれます。

我らがプラサードのマスター・ケンちゃんも今日はピアニストとして参加。

ご機嫌な演奏を披露してくれました♪

さて、メインの真紀さんバンドはなんと全員滋賀県ゆかりのメンバーで構成。

まずは琵琶湖に向かって合掌(嘘)

ロックテイストからカントリー、スローブルースに至るまで幅広く観客にブルースミュージックの楽しさ、奥深さを紹介されます。

そして、途中おこがましいですが私と名張のデビッドTウォーカー・平井君とで2曲参加させて頂く事に。

ところが私、慌ててしまいケーブルの接続がうまく行かず、歪み系の機材が使えなくなってしまいました・・・

お客様を待たせることも出来ないので、結局アンプ直の素の音での演奏となりました。

自己採点では40点でしたが、後で音源を聴いたら「ロバートクレイ風」でいつもの自分と又違った印象で、これも有りかなと・・・・

ライブってこんなもんですよね。

瀬古さん始めスタッフの方々、真紀さん、有福さん、バンドの方々、モカバンドのみなさん、そして当日お越しくださった大勢のみなさん、楽しいライブでしたね♪

どうも有り難うございました。

DSC_8274.jpg
画像はマイスター館さんのHPより拝借
http://meister-live.jp/
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Sho-Bud

Author:Sho-Bud
こよなく音楽を愛するギター弾き♪
愛器は’64年製のストラトキャスターとギブソンES335
好きなギタリストはバジィフェイトン・ロベンフォード・スコットヘンダーソンetc
赤瀬川源平翁の薫陶を受けトマソン物件を探す日々。
【最近感銘を受けた言葉】
大切なことは常識に従う
世間のことは流行に従う
芸術のことは自分に従う
(小津安二郎)・・・だったかな?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。