スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしいサウンド

ローランド製のミニギターアンプ「JC-20」を入手した。

DSCF6978.jpg

以前から、ちょっとしたリハやセッションに出向く時に持っていける小さなアンプが欲しかった。

最初は「Line6」を考えていたのだが、某楽器店で下見した時、店員さんから「シュミレーションアンプは、どのギターを繋いでも同じ音がしますよ」と言われた。

成る程、良い音だけど結局アンプの音に制されているのだな・・・それは私の想いとは違う。

という訳で、昔から定評のあるこの機種を探していたのだった。

このアンプの特徴は、同社の名機「JC-120」そのままの機能を20Wの自宅練習用レベルに置き換えたところにある。

2スピーカーでのコーラス効果も健在。

同社の人気モデル「CUBE-20XL」にもこのJC-120のシュミレーションチャンネルが装備されていて、多分同等の効果が得られると思うのだが、こちらは1スピーカー。
2スピーカーのあの”ふらふら揺らぐ”アナログなステレオ感は出ないのでは?  (と勝手に思ってる。)

とまあ、おそらく人から見たら「そんなん、同じやん~」と言われそうだが、頑固親父の思い入れは強いのであった(笑)

前のオーナーさんは、あまり使用されていなかった様でちょっと埃を被っていたがウエスで拭くと新品同様になった。

さあ、RCブースターやBBプリアンプも繋いで、ストラトや335、チェットアトキンスなどと音創り、音創り♪
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Sho-Bud

Author:Sho-Bud
こよなく音楽を愛するギター弾き♪
愛器は’64年製のストラトキャスターとギブソンES335
好きなギタリストはバジィフェイトン・ロベンフォード・スコットヘンダーソンetc
赤瀬川源平翁の薫陶を受けトマソン物件を探す日々。
【最近感銘を受けた言葉】
大切なことは常識に従う
世間のことは流行に従う
芸術のことは自分に従う
(小津安二郎)・・・だったかな?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。