スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お城があって明治校舎があって

先週の月曜日になるが有給休暇を申請し、息子の高校の入学式に出た。

校内に入るとはるか昔の遠い自分の記憶が蘇る。

この学校の環境は日本一と自負してます。

ねえ、平井堅さん?

DSCF9658.jpg


スポンサーサイト

COMMENTS

おめでとうございます!

息子さん、おめでとうございます!!

お城はもしかして『藤堂新七郎家』の居城址?
芭蕉の『さまざま桜』……なんて?
違ってたらごめんなさいッ!!!

No title

>莉緒 さん

お城は藤堂高虎のものです。

もっとも天守閣は明治の再建ですが。

芭蕉の句は伊賀上野の桜の事を詠んだものでしょうか?

さまざま桜

 はぃ、お城の桜……厳密には『伊賀上野城』下屋敷『八景亭』の枝垂れ桜のようですよ。
そこで「さまざまの事おもひ出す桜かな」と詠んだので、下屋敷が後に『さまざま園』と
呼ばれるようになった由。現在は個人所有とか(玄蕃町)。

 芭蕉センセが若い頃、上野城は藤堂高虎さまのもので、城代を侍大将『藤堂新七郎
良精(よしきよ)』さまに任していたそうです。
その嫡子が『良忠』さま。『蝉吟』と号し俳諧を学ぶインテリ若殿さま……若き芭蕉
(松尾甚七郎『宗房』)の主君且つ文芸の先輩・俳友でもありました。
この若殿が悲運にも25歳で早世されたことから、“俳聖『芭蕉』”への道が始まるの
ですが。

 …と、とゆーのが私の学んだ“伊賀上野”学のさわり。
間違ってないでしょうか?(笑)

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:Sho-Bud
こよなく音楽を愛するギター弾き♪
愛器は’64年製のストラトキャスターとギブソンES335
好きなギタリストはバジィフェイトン・ロベンフォード・スコットヘンダーソンetc
赤瀬川源平翁の薫陶を受けトマソン物件を探す日々。
【最近感銘を受けた言葉】
大切なことは常識に従う
世間のことは流行に従う
芸術のことは自分に従う
(小津安二郎)・・・だったかな?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。