スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルトラC 録音後横話(その1)

ユッキの素晴らしい録音裏話を受けまして、今回、後横方面におりました私からも、コメントさせて頂きます。

1 We Love Osaka

ユッキの言うように今回のレコーディングの最初でした。本当はこのようなシャッフルリズムは苦手なのですが、CDを聴いてみると、ちゃんとグルーブが出せていたの安心しました。タッタ、タッタ、タッタじゃなくてガッガ、ッガッガ、ガッガだよね、ユッキ?
Boochin、今度は生でセッションしましょう!

2 マンション

ユッキのドライビングギターが炸裂。私としてはこれが今回の中でNO1お気に入りテイク。

3 告白

歌詞の内容と同じく、ユーモラスながら甘酸っぱいサウンドが胸を締め付けられます。

4 こんなに好きでどうしよう

TAKEさんのオリジナルの中で最も好きな曲です。ストーリーが素晴らしい。
デモでも、ちょこっと演りましたが、その時も体に電流が流れました・・・。
・・・・ユッキ、そうか!?最後はGEスミスやったんや!!(笑)

5甘党ブギ

ユッキのリクエストでジャズファッキン?なスタイルなソロをという事でしたが、私としては
ヒューバートサムリンを意識して弾いてみたつもりです。

6 涙のミルクティー

正直、これは難しかったです。曲の解釈が最後まで出来なくてすみませんでした。でも、タジさんのマジカルなスライドとみったかのご機嫌なベースラインで、高品質なものになりましたね。良かった。

7 にげろ!たい焼きくん

今回のCDのハイライトではないでしょうか?TAKEさんの構想が大いな組曲のようになり広がったと思います。ユッキのコードアレンジは流石!!
BoochinさんとKatsのソロはもうこれ以上のものはない!という感じです。最高!

8 B.B.B.B

ユッキのコメントの通り、二人でバタバタとやりましたね・・・。
おそらく、これは3テイク目だったのでは??
ユッキ、コーネルデュプリーを意識してたん?実は私も!!!!
ダブルストップもそれで。
「HONKY TONK」のつもりやったんよ(笑)

9 竹の音レゲエ

ユッキも言うように、ここにきてちょっとこれは胸突き八丁でしたね。
リズムアレンジを頼まれて、思いついたのは、これは軽やかに楽しい感じに、という事でした。
ワウもいい感じに踏めたし、ギターソロもちょっとユーモラスにしたつもりです。
で、最後はユッキといちゃつけました(笑)

10 たこ焼きロック

締めくくりは、ユッキの最高のロックギターで。
♪ロンリ~ロンリ~ロンリ~ロンリ~ロンリ~タイム♪ってか??(笑)
Azuちゃんのコーラスも可愛い♪

最後に

このCD「ウルトラC」はキーが全部Cにもかかわらず、それを感じさせないバラエティに富んだ素晴らしい歌の数々が披露されています。
言うまでもなくそれは主人公であるソングライター&シンガーTAKEさんの力量の素晴らしさを物語るものであります。
また、違う意味でこれは最高のギターアルバムでもあります。
いや、正確に言うなら最高のストリングスアルバムでしょうか?
当初TAKEさんの構想にあったウクレレ中心のほんわかサウンドとは異なってしまいましたが、結果オーライだったと思います。
それぞれ個性の違う素晴らしいギタリスト&ウクレレプレイヤー&ベーシストの心に触れることが出来ました。
貴重な機会を与えてくれた事に感謝します。
ありがとう!TAKEさん&ユッキ、そしてみんな!

5-25-reco-yukki-kawa-350.jpg











   
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

裏話し続編 ありがとーーー

> ガッガ、ッガッガ、ガッガだよね、
      
        ↑ ココのちっちゃい 「ッ」 やろ (笑)

> ヒューバートサムリンを意識して

   うっーーー マニア過ぎて気づかんかった

> 「HONKY TONK」のつもりやったんよ(笑)
   
   やっぱり (笑) 

> BoochinさんとKatsのソロはもうこれ以上のものはない!
  という感じです。最高!

  ほんまええやろ アレンジ冥利に尽きました
  ある意味 Kawaさんとボクでは あかんと思った (笑)

> 最高のストリングスアルバム

  ウクレレ ギター ベースやね
  弦楽器はおもしろい トーンが簡単に人を語るし
  時々 こわくなるけど (笑)

いろいろ協力ありがと また麦芋もよろしく!!

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Sho-Bud

Author:Sho-Bud
こよなく音楽を愛するギター弾き♪
愛器は’64年製のストラトキャスターとギブソンES335
好きなギタリストはバジィフェイトン・ロベンフォード・スコットヘンダーソンetc
赤瀬川源平翁の薫陶を受けトマソン物件を探す日々。
【最近感銘を受けた言葉】
大切なことは常識に従う
世間のことは流行に従う
芸術のことは自分に従う
(小津安二郎)・・・だったかな?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。